2009年6月の記事一覧

2009年6月26日(金)

女が雑貨をつい買ってしまうのは、なぜ?

退職日翌日、私はさっそく、打ち合わせランチ&今まで時間がなくて行けなかったあるところへ出かけたのでした。

それは、以前「あの女性が美しい理由」でインタビューさせていただいた、クリエイティブコーディネーターの裏地桂子さんがセレクトした夏の品々を集めた、『裏地桂子好みの夏の愉しみ方展@伊勢丹新宿店』。

わたし好みのデザイン和もの100選」裏地桂子著

裏地さんの著書の中でも紹介されていたお洒落な夏小物がたくさん展示してあり、小さいスペースなのに、気づいたら余裕で1時間ぐらい、どれを買おうかぐるぐるぐるぐる。

リネン類も素敵だったし、和紙の文具や携帯用硯、これから活躍しそうなガラスの器…。

粋更kisaraの麻のボディタオル、中川政七商店の懐紙
素敵なものがいろいろあって迷う…。これはお買い上げ品の一部。粋更kisaraの麻のボディタオル、中川政七商店の懐紙

それにしても、どうして女はこういった小物に心を奪われるのでしょうか。夫に以前言われたことがあります。「もう細かい物を買ってくるなよー。部屋がスッキリしてるほうが好きなんだ」それ以来、あまり買わないようにしているのですが、こういうセンスのいい物には何かひきこまれる感じがするのです。

おそらく…なのですが、ちょっとしたお礼状を和紙に筆でしたためている私、上質な布巾でお皿を拭く私、休日の午後、ソーメンをガラスの器に盛り、ちょっと気の利いた箸置きに竹のお箸をそっと置く私…。そんないつもと違う“素敵に暮らしている私”を想像してしまうからかも?

素敵女子気分に浸りたかったら、みなさんも出かけてみて~!

■『裏地桂子好みの夏の愉しみ方展
6/29(もうあまり時間がありません)まで。伊勢丹新宿店本館5階ステージ#5

今日のHAPPYの極意 : 新しい雑貨が、私を新しくしてくれる

2009年6月25日(木)

退職日、私のために夫が選んだワインは?

昨日、オールアバウトを退職しました。退職に際しては、多くの方々から激励メールやプレゼントをいただき、本当に感謝・感謝!

NOKAチョコレート
たくさんのお花やプレゼントをいただきました! なんとあの高級NOKAのチョコも、六本木で働いているOBから♪

送別会もなんとオールアバウトの現社員だけでなく、OB・OGがたくさん集まってくれて140人?もの大送別会をやっていただき、感激で涙・涙でした。素敵な人たちに支えられてここまで来たことをあらためて実感しました。この場を借りて、「ありがとうございました!」

そんなわけで、今日から、「All About 編集長」の名は返上して、あらたなスタートです。

「肩書き何がいいと思う?」と周囲のメンバーに聞きまくった結果、まずは「メディアプランナー」ということで。「ハイパーってつける?」とか、いろいろ説はありましたが、まだ今後のお仕事もいろいろな可能性があると思っているので、今のところ、こんな感じにしておきます。

ところで、昨夜は退職記念日ということで、私が夫にディナーをごちそうする予定でした。普通、反対?と思うでしょうけど、私としては、これまでの数々のダメ主婦ぶりをお詫びする一区切りということで。

ところが、そんな私のけなげな申し出を、「前の晩ちょっと飲みすぎたから2日連続はきつい」と断る夫。え~~~!? ひどくない?

ま、とりあえず、「早く片付けて帰って来い」と言われたので、「フン!」と思いながら帰ると…。

夫が私のために、シャンパンを用意して待っててくれたのでした~。
しかも「1996のSALON」! 私は1983のSALONが超お気に入りだったのですが、もう手に入らないんですって。

さらに、さらに、夫が「じゃ、赤ワインも開けよう」と持ってきたのが、写真のワイン。←結局、2日連続飲んでるんですけどね。。。

「お前にふさわしいワインだよ」と夫。

TESTAMATTA(左)とSALON(右)
赤ワインTESTAMATTA(左)とシャンパンSALON(右)

「TESTAMATTA」はイタリア語で「Crazy」という意味だそうです。

ん?それってどういうことよ?

今日のHAPPYの極意 : 女はちょっと「Crazy」なぐらいがちょうどいい………ん? 

2009年6月24日(水)

目指せ! 腰美人

昨日は、川島なお美さんの結婚式が行われましたね!

“グランドハイアット東京”はMyスタジオからも近い六本木のホテルではありませんか!

幸せの風がここまで吹いてきたような気がするのは・・

気のせいですね(笑)

婚約指輪が1億4千万円!?うひょ~ それはおいといて、、

48歳にして幸せをつかんだ川島なお美さんの盛大な結婚式、夢があるhotなnewsでした♪

さて、今回は“夏が近いシリーズ”腰痛をフッ飛ばし、ウエストシェイプで腰美人です。

まずは、痛みがあっては姿勢美人にはなれませぬ。

腰痛の予防も対策も、効果的なのはストレッチと良い姿勢!

痛みはなるべく早く解消を!

ゆっくりと時間をかけてストレッチングいたしましょう。

☆本日のLesson1☆ オフィスでできるストレッチ

背中を丸くし、ストレッチング

次には、トレーニング!

ウエストのくびれやしまった腰周辺は相当ポイントが高いのは間違いない!

そんな腰が、魅力的であるならば、いますぐそこを鍛えなければなりませぬ。

もちろん、ローライズを履くなら、ブヨブヨお肉なんかみせないでください。

「夏、暑くてイライラするのにブヨブヨしただらしないお肉が

はみでているのをみるとイライラするんだよね~」

というぶっちゃけトークが耳に入り、すぐにメモを(私の頭の中で)とりました。

世のみなさまをイライラさせないためにも女性のみなさんは少しでも姿勢美人を目指し、

日々、美意識を高めなくてはいけませんよね!

よ~し!エクササイズしなくては!と、気合スイッチ入りました?

☆本日のLesson2☆ ウエストキュッとエクササイズ

ほとんどの方がウエストを細くするにはツイスト!と思ってらっしゃる。

いやいや、実は伸縮運動なんです!!

まずはしっかり伸ばすこと。充分に伸縮運動ができたらツイストでもねじり運動でもしちゃってください!

息を吸って上に伸び、はきながら身体を倒します。

(今日のモデルはスタイルアーバン六本木サルサ認定講師YOSHIKO先生でした)

では、次回もお楽しみに。。

2009年6月22日(月)

ぐずぐず女をテキパキ女に変える方法

みなさま、お休みの日や土日はどんなふうに過ごしますか?

ちょっといつもよりゆっくり起きて、彼がコーヒー入れて、ブランチを二人で作って…。

なーんて、素敵な休日を過ごしている方もいらっしゃるとは思いますが、我が家では、平日だろうが、休日だろうが朝食は7:30と決まっていて、つい寝坊したりすると夫が朝から機嫌悪い(鬼!)。

でも、起きられないんだなー、これが。
平日の夜が遅い私の場合は、どうしても休日の1日は家事の日になってしまいます。
「あー、たまった洗濯、今日一気にしなきゃ」
「掃除面倒くさいなー」
なーんてことをベッドの中で考えながらぐずぐずと過ごし、目覚ましを止めてからもなかなかベッドから出られず、つい、うとうと。朝食の時間が遅れて夫がムッとする…。

そんなことを繰り返していたのですが、最近やっとわかったのです!
そんなぐずぐずの私でも、みるみる“やる気”になる方法。

それは、実はとても単純でした。
気が乗らなくても、だるくても、「とにかく動く!」
これですよ、これ。

朝、目覚ましを止めたら、まずカーテンと窓を開ける

朝食を準備して、食べる

(ここで自分の部屋に戻らないことがポイント!)私の場合、二度寝しちゃうから。

外に出て玄関前を掃除(ここでなぜかやる気が出てくる)

一気に部屋の中も掃除しちゃお。ついでに洗濯機も回しちゃおうっと。

そんな感じで一度動き始めると意外にあれもこれもやっちゃおうという気になるから不思議。確かに、ピアノの練習もやり始めるまではぐずぐずしてても弾き始めると夢中になるし、仕事の資料もやり始めれば一気にできるし、そうそう、クリーニング出しに行くの面倒くさいなーと思っても、ついでに雑貨屋さん、ついでにSALEでお洋服、疲れたからお茶して…なんてやってると3時間ぐらいは夢中になってお買い物しちゃうもの(あ、これは違うか)。

そういえば、前インタビューした、書家の紫舟さんがこんなふうにおっしゃってました。

■美のために毎日実践していることは?
朝起きたら、窓を開け、新しい空気と陽差しを入れ、掃除をすること

今となっては身にしみます。さらに、たまたま友人にもらったこの本にも、まさにそんなことが書かれていました。脳のお話ですが、やる気の秘密は、

・カラダを動かす
・いつもと違うことをする
・ごほうびを与える
・なりきる
ことだそうです。

次は「ごほうびを与える」に取り組んでみようっと。
1ヶ月朝寝坊しなかったら夫が朝ごはん作ってくれるとか、1ヶ月エクササイズ続けたら夫とゴージャスディナーとか。ごほうびのために続けて、それが習慣になったらすごいと思いません?

手のかかる女でごめん。

今日のHAPPYの極意 : とにかく動けば、やる気はついてくる

2009年6月19日(金)

首美人で5歳若返る!

夏が近づき、ジャケットを手放す季節となりましたね。

いかがお過ごしですか。

さて、首は年齢がでるところ。

顔はバッチリメイクをしていても首がシワシワだったら、間違いなく5歳は老けて見えます。

まず、首にしわができやすいのは、姿勢が悪いから!

もちろん、細くて長い首にするには姿勢をよくするところからはじめなくてはいけません。

猫背だと首が前に傾きかなり負担がかかります。それだけではありません。

肩こりの原因にもつながるんですよ。

細くて長い首は女性にとって魅力のひとつでもあります。

つくっちゃいましょう!今からでもおそくありません。

キレイになるにはちょっぴりの努力と生活習慣です。

さぁ!夏まであと1ヶ月もきりました。

胸の開いた服をきれいに着こなしている美しいご自分をイメージしてまいりましょう。

Let’sエクササイズ!

☆本日のLesson1☆

1、手を頭の上からまわし、耳の上に置き、ゆっくりと倒しましょう。

2、反対も肩を下げながらゆっくりと伸びるのを感じましょう。

☆本日のLesson2☆

1、姿勢を整え、肩をぐっとおろし、肩を水平にします。

2、あごのラインをまっすぐのまま右を向きます。

3、あごのラインをかえずにゆっくり左まで向きます。

☆本日のPoint☆

ゆっくり丁寧にストレッチをしてから動かしていくこと。

時間をかけるほどしっかり伸ばされるので効果が高まります。

いつまでも美しさを保ち、美しい姿勢を維持できますように。

では、次回もお楽しみに。。

2009年6月19日(金)

パンが焼ける女になりたいの

朝、焼きたてのパンのにおいが…。な~んてゆとりの生活してみたい!
とずっと憧れ続けているきっかけはこのインタビューから。

あぁ、私もこんな素敵な女性になりたい。
で、なんとなく朝パンを焼く女というのを目指しているのです。
退職することもあり、時間に余裕ができるこの時を逃してはいけない!と早速、ABCクッキングスクールの体験コースに応募。先生が可愛くて、優しいし、なんたって意外にすごいパンが焼けるので、もう通う気満々です。

それ以来、「会社辞めたら何かするんですか?」と聞かれると
「まずはパン教室に通うの」と答えてたのですが、

「えーっ。さゆりさんには無理でしょ」
「1ヶ月がいいところですよ」
と、周囲の反応は鈍い…というより否定的。

どうも、会社のみんなは私の家事力をあまりに低く評価しているらしい。
そこで、この写真ですよ。

画像の代替テキスト
クルミのパンです

どーだ!とばかりにこの写真を見せると、たいがいの人が意外そうな顔をして「あれ、この人、できるんだ」と思ってくれる(みたい)。

そうなんです!私はやればできる子なんです。(ま、この写真のパンは、ほぼ先生が作ったものですが。。。)

でも、先日、送別会で我が愛すべきメンバーがプレゼントしてくれたのは、なんとなんと「ホームベーカリー」。もお~、これで夢が叶います、超LOVEです!ありがとう!!

みんな私のことわかってるのね、私より。

今日のHAPPYの極意 : 一瞬の頑張りより、長く続けることが重要

2009年6月17日(水)

本日スタート! 編集長の超個人的コラム

みなさま、今日からこのコーナーに参加することになりました、All About 編集長の森川です。と言いましても、実は、私、あと1週間でAll Aboutを卒業するのですが、そうは言っても「大好きなAll Aboutと何か関わっていたい」と、かなり強引に(?)このコラムをスタートしています。

なんたって「知性派美人Diary」というコーナー名ですから、ちょっとおこがましいのですが、私がつけたコーナー名だし、美人審査があるわけじゃないし、読者のみなさまもお許しくださるはず…と信じて始めちゃいます。

それにしても、みんなひどい。
「ホントに自分で書けるんですか?」
「写真も自分で撮るんですよ」
わかってるって、そんなの。
ほぼ毎日書いてたメルマガもお役御免になったし、なんたって、私でもキレイに撮れるデジカメ、購入しましたから。

そうなのです。
このコラムを書く気マンマンで、新しいデジカメを買うぞーと決心したのはいいけれど、デジモノにはめっぽう弱く、ついついデザインや色の可愛さだけでモノ選びをする傾向がある私。某メーカーのゴールド系お洒落デジカメに心を奪われパンフレットを何気なく夫に見せたところ、なぜか猛反対する夫。。。

どうやら、たまたま知り合いのデザイナーさんから「普通に撮ってもキレイに撮れる優れものカメラがある」と教えてもらったばかりで、それがほしかったらしい。

「だったら自分で買えばいいじゃん。私のデジカメなんだから、好きなの買わせてよー」と思ったのですが、よくよく考えてみるとうちの夫、写真を自分で撮らない人でした。いっつも私がカメラマンで、旅行に行っても、気づくと夫の写真はあるのに、私の写真がないなんてことも。普通、逆ですよねー。

夫曰く、わたしのようなセンスのない人でも本当に美しい写真が撮れる…デジカメだそうです。フン!
ちょっと悔しい気もしましたが、確かに写真の腕に自信があるわけではないので、メカ力に頼るのもいいかも~と素直な私が買ったカメラがコレ。

正直、あまり可愛くはないけど(編集部ギャルに「ちょっとおじさんっぽい」とまで言われた。ガ~ン!)、ホントにキレイに撮れます。

そんなわけで、このコラムのために私も何かにつけ、写真を撮りまくる習慣ができたのですが、慣れてないので、ついつい「またやっちゃった~!」と思うことがあります。それは…。

画像の代替テキスト
会社のメンバーと行った、永田町のイタリアン「エノテカドォーロ」での一品目。絶品バーニャカウダの”野菜”部分
画像の代替テキスト
編集部・T君の結婚式での前菜。もちろんこの後お魚もお肉もでましたが、写真はなし。。。

そうです! おいしいものを食べにいっても、最初の一品目のときは一生懸命撮るのですが、食べ始めると写真のことをすっかり忘れてしまう。。。みなさんもそういうことありますよねー?
酔っ払っても、お料理に夢中になっても写真を撮るようじゃないと私も立派な”知性派美人”になれませぬ。がんばります!

では、今後ともよろしくお願いします。