2009年8月の記事一覧

2009年8月29日(土)

品格シリーズ入門編“お辞儀”

残暑です。暑いですね。けど、そんな日もあとわずか。
秋といったら、なんとなくおしゃれをしたくなるのは私だけですか?
女をあげるにはこれからの季節が1番です!

さて、少し前に坂東眞理子さんの「女性の品格」はじめ、品格シリーズって
流行りましたよね。「For F」をご覧になっている皆様には欠かせない、女性としての
輝きの部分。マナーと実用的な所作だけは、押さえておきたいところです!

飯野ママのコラムにも「日本人なら敬語をマスター、正しく話そうね」では、
今すぐ役立つマナーが書かれておりましたが、正しい日本語は立派なマナーです。

これから、ワンランク上の所作のひとつひとつを、入門編からお届けします。
身のこなしで女をあげちゃってください!

日常生活、会食、接待、おしゃれなレストラン、デートや記念日、パーティーetc
実践する時がたくさんでてきますのできっと役に立ちますよ。

そこで、
☆本日のLESSON☆ 

お辞儀エクササイズ!!

お辞儀をする行為をエクササイズという形に変え、女性としての品格をあげましょう。

1)まっすぐに立ち、足の付け根(ビキニライン)からおる。

2)首だけが下がらないようにし、顔の高さと平行に目線をおとしていく。

3)深いごあいさつができるようになれば、軽いご挨拶は簡単です。

これだけでかなりエレガントにみえるはず!
さぁ! この3段階で、LET’S TRY

☆本日のPoint☆
びていこつ(しっぽの部分)から後頭部までを1本のラインとして身体を倒します。
脊柱がピーンっと伸び、3ばんの動作では脚の後ろもストレッチされますよね。
どうですか? わかります?

難しい。わからないぞー。orよくできました。など
コメントがありましたら是非、お聞かせください。

★さて、お知らせです!★
9月より姿勢レッスンスタジオ、スタイルアーバン六本木では、
毎週金曜日にセレクトレッスンが始まります。

週替わりで美と健康に関するセミナーや特別レッスン、パーティーなどを行います。
初めての方でもお友達をお誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

そして、プライベートレッスンでしか、公開してこなかったオリジナル
開発「姿勢美人レッスン」を特別公開です!
秋を迎えて一気に美人力アップしてくださいね。

9月18日(金)19:30~20:30 限定6名ですが、

興味ある方はスタイルアーバン六本木(info@styleurban.com)までご予約くださいね!

※付け根から折るがわからない方、伝授いたします。

では、次回もお楽しみに。。

2009年8月25日(火)

幸せボディは良い姿勢作りから

みなさんは若さと美しさと健康のために何をしてらっしゃいますか?
今日は、超簡単ストレッチ、ちょっと行うことでキレイに近づけるエッセンスをお伝えします。

30代も半ばを過ぎると代謝がガクンと落ちはじめ、
内臓脂肪がつきやすくなるなんていわれているのはもうご存知ですよね!

ここが大きな分かれ道。歳を重ねるほど、努力が必要なんです。

同窓会に行ったりすると同い年でも、若々しいか、かわいいか、どのように老けたか
なんて話題は尽きないもの。そんなことありませんか?

女性って、いつまででもキレイでいられるんです。永遠に・・・。
ダメだと思ったらTHE END。
おばあちゃんになっても、ずっと、ずっーと“健康で若々しく”を忘れずに。

さて、姿勢はその人の生き方が現れるといわれています。

やる気がない、めんどくさい、毎日がつまらいなんて思っていると、
つい姿勢も悪くなりがちです。

だらしない生活を送っていると、前かがみになったり、かかとをズルズル
引きずって歩いたり実は、ダラダラ生活と姿勢の悪さは比例しているんですよね。

ゴロゴロしながら、肘をついてTVを見ていたら歪みます。
ため息つきながら頬杖ついていたら歪みます。
性格まで歪んでみえないように、今すぐ改善を。

☆本日のレッスン☆
肩と背中のストレッチ

床とお胸が平行になるように、ゆっくり息を吐きながらストレッチしましょう。

1日、1回、いや!2回はできそうですね!?
これが、ちょっと行うことでキレイに近づけるエッセンス。
リビングでもキッチンでも、オフィスでも気がついたらやってみてください!

(自分流!若さと美しさと健康の秘訣あったら教えてください!)

では、次回もお楽しみに。。

2009年8月21日(金)

まとめ髪スタイルを洗練してみせるのは姿勢

外を歩いている人をみていると、暑いのに汗をかきながら

だるそうな顔をして、首やおでこに髪がべたーっとはりついている人をみかけたりします。

そんな人に多く見られるのが“姿勢の悪さ”

なんででしょうね?

もちろん、すべての人ではありませんが、わりと多いんです。気になります。

逆に髪がきちんとアップされていたり、デコルテ、背中があいた服を着ている人は

わりとスッとみえますよね。

わたしが最近、はまっている髪型、それは“斜めバング”です。

簡単ですぐにできてかわいらしいから気に入っています。

まとめ髪といえば、年代によっても違います。

アラサー世代は、流行りも大事、可愛いさも大事、そんなお年頃、
今年だったら“ハーフアップ”がオススメ。

私は、すっかりアラフォー世代!レッスンではきちんと
アップにしていますが、浴衣の時は夜会巻きかしら。

トップを“もる”ヘアースタイルもしてみたいのですが、(似合うかどうかは別として)
かなりの練習が必要なようですね!

こうして、かわいらしいも大人っぽさも上手に出せる
ひとつのアイテムとしてあるのが髪の毛の演出!

そして、ここからが大事なところ。

ただ、暑いから髪をまとめておけば良いというのではありません。

首すじから背中まで露出しているというのに、お首が前にでていたらだめです。

すごく老けて見えてしまうんですよ。ホントに!

どんなに美しい顔立ちでも10m離れていたら“イケてない女”に見えてしまいます。

いやっ!3m離れていたって顔が前にでていれば美しさは半減でしょう。

そんな損はしたくありませんよね。

まとめ髪をすることによって少しは、気をつけられるのではないでしょうか。
と私は思うんです。

前にでている首、丸くなってしまう背中、前肩・・。

今まで、あまりアップスタイルにしたことがない方でも、
是非!首筋をだしてみましょう。
(スカーフを巻いたりしても意識できそうですね!)

まだまだ暑い日が続きます。

キレイを目指すための、まとめ髪どうですか?

最短姿勢美人を目指しましょう!

では、次回もお楽しみに。。

2009年8月17日(月)

プリンセス・ダイアナ~魅力ある女性とは?

先日、日本橋三越の展示会に行ってまいりました。
「プリンセス・ダイアナ展 ~その輝きの日々~」

展示会ではたくさんの写真が飾られ、
映像も流れていました。
魅惑のドレスコレクション展示では、
悲劇の事故で着られなかった幻のドレスも。

ダイアナ妃はプリンセスであるとともに
ファッションリーダーとしても、
世界中の憧れの的となりましたよね。

彼女は公式訪問で世界各地へ足を運び、行く先々で平和と喜びをもたらしました。
その際の映像もありましたが、とても心打たれました。
ご来場の方々も、引き込まれるように見入っていたのが印象的。

私が特に印象に残っているのは、生まれた時からロイヤル・ウェディング
までの映像です。

生まれた時からかわいらしく、幼少の頃はバレエもやっていたようです。
カメラの前で一生懸命踊っていた姿が愛らしかった。

お庭で遊んだり、プールで遊んでいるシーンでは何事にも
一生懸命で子供らしい幼少時代を感じさせます。

小さいころからスタイルもよく、絶世の美女。王妃になるべきオーラを感じました。
王妃の数々のご公務、老若男女に愛され、みんなに手を差し伸べ、
交わす会話もパーフェクト!

誰もが妃の美しさと存在感に魅了され、世界中の人に愛されましたよね。
まさに、私がモットーとしている
「一生懸命遊び、一生懸命仕事をし、一生懸命生きる」
という姿がそこに映し出されていました。

さて、みなさまはどんな方が「魅力がある女性」だと思いますか?

昔は、“かわいい人”、“優しい人”という意見が多かったですが
最近は、“感じがいい”、“女性らしい”、“知的美人”
といった答えが圧倒的に多くなったのを感じます。

時代なのでしょうか?

もし、時代が変わったのならば、今を生きる私たちは、
それにあわせなければなりません。

時代にあった生き方こそ魅力の一つかもしれませんね。

私が思う魅力的な女性とは、なんだろう・・・。
人の話をよく聞き、適切に受け答えができる。
思いやりをもち、凛!とした女性であること。かな。

みなさんの思う“魅力的な女性とは”を教えてください!
(もしかしたらサイトにて掲載させていただくかも
しれませんのであらかじめご了解くださいね!)

では、次回もお楽しみに。。

2009年8月13日(木)

伝統派?独創派?食の価値観

夏休みですね。いつも忙しがっている私ですが、ゆっくり食事を楽しんでいたら、
色々な気づきがありましたので、めずらしくグルメネタ!?でまいります。
先日、広尾の「分とく山」に食事に行った時のことです。

最近話題になっている、日本料理の中では5本指にはいると言われている野崎オーナーシェフ、
日本料理の大御所 総料理長。よくTVでも拝見いたします。

 

季節感溢れる素材を使い、いつも新しいものを研究しているそうです。
見た目や素材のおいしさ、栄養、料理の仕方、演出・・・。

昔は、豆腐屋さんもラーメン屋さんもそのお店ならではの伝統の味をつないでいくべき
変わらぬ“秘伝の味”を売りにしてくるところが多かったですよね。

もちろん、それはそれですばらしいことです。おうちでもおばあちゃんの味を母が。
母の味を娘が受け継ぐように。

野崎さんは、~産の茄子、~トマト、~産の米・・・食材だけにこだわってはいません。

もちろん食材も大切ですが、伝統的な和食の技法をふまえつつ、調理の仕方、だし、米の炊き方などを工夫しているだとか。

ニコニコしながら、“いくつになっても研究し続けるでしょうね。”だなんて、前向きな姿勢に心うたれました。季節が変わるごとに、感動を味わいに訪ずれる客が多いそうです。

創作のセンス、美しさ、独創的な料理などオリジナリティに溢れていました。

みなさんは伝統的派?それとも独創派?

先付、前菜

椀、お造り

進肴(定番の鮑磯焼き)、組肴

強肴、食事

甘味

最後は食べきれなかったご飯をおにぎりにしてくれました。

東京都港区南麻布5-1-5
懐石・会席料理 「分とく山」

2009年8月6日(木)

浴衣美人!ワンランク上の5つの秘訣

夏祭り、花火大会の時期ですね!
真夏の夜を彩る大きく打ち上げられた花火は幻想的で美しい
まさに夏の風物詩!

さて、コラムニスト伊藤さんの記事をみているとお着物くらいサラッと着たいなぁと思います。
夏こそ紗や絽のお着物で差をつけるか~と探してみると母の地味なものしかないので諦める(涙)

アラフォー世代ですが、軽く若作り(笑)ピンクの浴衣で撮影に挑みました。
若い時より差を出せるのが、日本古来の衣服を美しく着こなせる技ではないでしょうか。

突然ですが、
<ワンランク上の浴衣美人になるための5つの秘訣>

うしろ姿でグッと男心をつかむ秘訣をお伝えします!

 ■頭を上に引っ張る感じ
 ■肩をおろし、お首を長くするイメージ
 ■肩甲骨を寄せてさげる
 ■お胸を開いてお腹をしめる
 ■歩く時は太もも同士が離れないくらいの歩幅
 (内股にする必要はありません)

詳細はこちらの取材にてアップされています↓
私も愛用しているクチュール(化粧品)美の対談でもVol.3では
「日本の女性美」について、浴衣を着る時のコツもありますので是非、ご覧くださいませ。
http://store.nudymore.jp/interview/takeda_vol3.php

そこで、本日の☆LESSON☆ 

“動かせ!肩甲骨”

1、手を横に伸ばし、右手は右に、左手は左にグーっと引っ張り合います。

2、両方の肩甲骨をくっつける感じで、ぐーッと寄せましょう。

肩甲骨周辺を動かすことで、肩こりの解消にも、、
後姿も意識ができるようになったら姿勢美人の仲間入り!

では、次回もお楽しみに。。

2009年8月3日(月)

選挙の夏!注目女性候補者は姿勢美人?

主要各党のマニフェストが出揃いましたね!
全体的にバランスが良い自民党、生活重視を掲げる民主党etc

全体的には、少子化対策、財政再建、日米同盟のあり方などが焦点なのでしょうか。
政策の中身については、テレビや新聞で偉い人が解説していると思いますので、
わたくし、姿勢コンサルタント的にはみなさんの演説姿が気になるところ!

注目の女性候補者の皆様に、独断と偏見に基づいて少しだけ、姿勢チェック!
(全員にお会いしたわけではないですし、テレビの映像や雑誌誌面から
みたの印象ですので、その点ご勘弁ください)

まず、それぞれの得意分野で政策提言をする政策ユニット「TPL」
(トーキョー・プロジェクト・オブ・バイ・フォー・レディース)
女性議員3人(小池氏が環境、猪口氏が少子化、佐藤氏が経済・金融)
に注目してみましょう。

□小池百合子氏、綺麗で知的度満点、アラビア語がベラベラですごいなぁと
思ったのを覚えています。
けれど、いつも首が右にズレテいるのがちょっぴり気になります。

□佐藤ゆかり氏、見た目もいいし、ハキハキしていて真摯な感じが伝わります。
けれど彼女も右肩が上がっているのが気になってしまいます。

□猪口邦子氏はどうでしょう。彼女は幼少の頃バレエをやっていたそうです。
多忙な毎日ですが、今でも時間をつくって“バレエに伺うわ!”
とおっしゃってくださいます。いつでもどうぞ!(笑)
そんな彼女はどこの講演でも好感度100%、姿勢もかなりいいです。
バレエのおかげ!?

自民党ばかりというわけにはいきませんので民主党ではどうでしょう。

□民主党の小宮山洋子氏、元NHKアナウンサーだけあって
訴えかけるのが上手ですね。大きなゆがみもなく、話し方の速度も
声の大きさもかなりいいですね。子育て、年金、教育など生活の安心、
子育ての未来をつくる政治を実現しようと庶民的なマニフェストはつい、
うなずきながら聞き入ってしまいます。

では、社民党からは?

□辻元清美氏は
元気はつらつ、髪型がショートのせいもあってボーイッシュな印象は
見ていても気持ちがいいですね。
関西弁で愛嬌もあり、笑顔もいいし、姿勢もいいですよ。

では公明党は?

□池坊保子氏、すごく女性らしいですね。
たしか、華道をやっていらっしゃたかと思います。
「女性は家に」が当然の時代、子育てしながら働く女性の先駆けと
なった彼女はお着物がよくお似合いになります。
それを反映してか、姿勢は良いかと思います。

さすが、話題になってらっしゃる方々は違いますね!

投票の際にはポスターの写りで1万票が左右されるとのこと、
意外とあなどれないのが立ち姿・話し姿だと思っています。

政治家の皆様、選挙演説の時はいつでも周りから見られています、
ぜひ気をつけてくださいね~!
(必要でしたら、いつでも、姿勢美人チェックしますよ、笑)

姿勢コンサルタントからみた姿勢チェックでした。