2009年12月の記事一覧

2009年12月24日(木)

ゴージャス編B 女性らしさ

いよいよ世の中はクリスマスですね、煌びやかな街の飾り付けに
なんだかワクワクします。
さて、今回は、ドレスを着た時のしぐさについて、お届けます。

☆ポイント☆
・指先はあまり広げない。なるべく細長くを意識します。
・動作は控えめに。動きはゆったりと。
・上着の脱衣や身振り、手振りなどはなるべくコンパクトにしましょう。

いかがですか?
これらを常態化するにはある程度筋力がないと美しい所作ができません。
もちろん、普段でも使えるテクニックですので、是非、実践してみてください。

今年もあとわずかとなりました。For F・姿勢美人プロジェクトを
いつも読んでいただきありがとうございました。
今日で、今年の更新は最後になります。

まだ年末まで様々なイベントが控えている方も多い方と思いますが
年末年始には疲れた身体を休め、ゆっくりできるといいですね。

新年を迎える準備として、今年1年を振り返りながらの、
大掃除は欠かせません。

すみずみまで掃除をしてほこりを取り払うと(すす払い)、
新しい年には年神様がたくさんのご利益を持ってきてくれる
といわれています。

2010年の新たなスタートと、幸運を願って気持ちよい
年末年始を送りましょう。

Merry Christmas & Happy New Year

来年もよろしくお願します。

姿勢コンサルタント 武田まり子でした。

2009年12月20日(日)

ゴージャス編A 魅せ方

12月は、いつもの会食、飲み会以外に、
パーティー、イベント、忘年会など何かと忙しいですよね。

バブル時代とは違い、ドレスアップする機会が減った今、移り変わりを感じますが
パーティーなどドレスアップする機会があれば是非、
気合いを入れたいところです。

そこで、今回は身体の中心軸についてお話しします。

基本の姿勢から始まり、さまざまなエクササイズがでてきましたが
毎日コツコツと行っているみなさまだったら、
そろそろ軸がしっかりとつくられてきたのではないでしょうか?

そう!ポイントは軸がしっかりしていると動作やしぐさがエレガントになるんです。

例えば、パーティーでは主に会話を楽しみますが、
いつもと違うドレスアップの状態で気をつけることといえば
立つ、座る、歩く、ということ。

“立つ”では、いつも以上に引き上げて立ちます。
肩を下ろし、お首は長く。

“座る”では、気を抜かないことです。
特に背中を意識することと、動作、会話はゆっくりです。

“歩く”では、ロングドレスは持ち上げて歩かない、
1歩1歩足の真ん中を中心線におく感じで歩きます。

 

 

ゴージャス感を出したい時ほど、ゆっくりとした動作が
女性らしく、ゴージャスに演出でき、パーティー映えすると
いえるでしょう。振り返るときも首だけでなく、
肩から振り返るといいですよ!

皆さんに素敵な出会いがあることを祈っております!
次回もお楽しみに。。

2009年12月15日(火)

エグゼクティブ向けセミナー

みなさん、こんにちは!
今年は“女性を美しくする!”と力を入れてセミナーを行ってきました。

今回、株式会社帆風様の開催するビジネスセミナーの講師として呼んでいただきました。
世の中の男性が少しでもかっこよく、いい男が増えるなんて素敵!

ということで、貴重な場所をいただきましたので、たくさんのことを時間いっぱい
お伝えしてまいります。女性もOK! ご興味ある方は、是非いらしてください。

今回、参加無料ですのでたくさんの参加お待ちしております。
セミナー後の懇親会もあるようですので、是非声をかけてくださいね!

2009年12月16日(水) 18:30~19:30
「ハンサム力はビジネスを変える」

内容
●“ハンサム力”の真相
・ハンサムってなに? 
・30秒で勝負する
・品性の3原則とは

●いい事例、悪い事例
・エグゼクティブ姿勢チェックとレビュー
・ピンチをチャンスに変える方法とは
・プレゼンに効く5つのポイント

●どうしたらエグゼクティブ姿勢になれるのか?
・姿勢と見た目について
・エグゼクティブの条件
・自己演出

●エグゼクティブ姿勢のメリットは?
・エグゼクティブオーラ
・恋愛と仕事の密接な関係
・社長は人気者!?

●では、どうしたらあなたも変身できるか?
・外見力(スーツの着こなし、ホテルでの立ち振る舞い)をあげる
・パーソナルスペースを活用!
・好感度の高い3つのオープン姿勢を養う

●実際に少しやってみよう!
・ワークショップA、できる男の立ち姿勢と座り方
・ワークショップB、気持ちを伝えるお辞儀の仕方

楽しみにしております。

改めて考えてみると私の運営しております、スタイルアーバン六本木の男性会員の方は
圧倒的にエグゼクティブな方が多いです。。

2009年12月10日(木)

30秒ストレッチ“全身がラクになる”

新型インフルエンザが流行している今冬は
例年以上に、冷え対策を考えていかなければいけません。
白血球は体温が低くなるほど弱くなり、免疫力が低下するそうです。
体温が1度下がると、免疫力が3割低下!?

だからといっておしゃれをおろそかにしてはいけません。
冷え対策には、マフラー、スカーフ、レッグウォーマーなど
あたたかく、おしゃれな着こなしが必要ですね!

この時期、忘年会やパーティーが多いですが、
楽しみでもあり、疲れもたまりがちです。

1日、時間をとって自分と向き合ってあげないと、
ヒートアップしてしまうかもしれませんよね。

そんなお忙しい方に、今回ご紹介する30秒シリーズ第3弾を
是非!ご活用いただきたいと思います。

全身をラクにする30秒ストレッチ!

寝る前にでも自分投資時間を30秒つくって1日の疲れを
リセットする習慣をつけましょう。

☆本日のレッスン☆は・・・全身リセット術

・肩と背中のストレッチ(10秒)
四つんばいから、息を吐きながら胸を床に近づけます。

・全身を伸ばす(10秒)
息を吸いながらぐーっと伸びて脱力します。これを2回

・血液循環をよくします(10秒)
力を抜いてブルブルブル・・・血行をよくしましょう。

最後のブルブルは、自律神経を整えてくれるので寝る前に行うといいですね。

では、次回もお楽しみに。。

2009年12月4日(金)

30秒ストレッチ“肩がラクになる”

30秒シリーズ第2弾です。

先日、発売されたばかりの「OZ Plus」(オズプラス)
素敵女子のための“わたしの磨き方”カラダ編で
肩こりについて1ページ監修しました。

このエクササイズが簡単で分かりやすくて参考になった。
という、ご意見がありましたのでここでもご紹介したいと思います。

そもそも、肩こりはなぜ起きるのでしょう?

原因は大きく3つ!

1、姿勢が悪いということ
(血管を圧縮して血液の循環が悪くなり、筋肉が硬くなり凝り固まる)

2、長時間同じ姿勢であるということ
(筋肉が緊張を強いられ筋肉に乳酸がどんどん溜まる)

3、運動不足であるということ
(筋肉は動かすことで血液のポンプの役割となるが、動かさないと血行不良となる)

ということで、私が提唱しているゴールデンステップというプロセスで
短い時間で効率良い3段階エクサをご紹介します。

☆本日のレッスン☆は・・・ご自分の力で肩こりを軽減させる。

・ひじをもち、手を背中の遠くまでもっていって僧帽筋のマッサージ(右+左10秒)

・耳の上に手をあてゆっくりと倒し、首筋のストレッチ(右+左10秒)

・軽く肘を曲げ、肩甲骨を大きく回します。(10秒かけて5回まわす)

特にPC中、1時間に1度手を休め、30秒だけでも動かしてあげることで
少しづつ軽減しますので是非、お試しください。

がんばる女性こそ頑固な肩こりにご用心。
姿勢美人プロジェクト参加者には適している“女磨き”がテーマなオズプラス
コンビニや書店にありますので是非、お手にとってご覧ください。

次回もお楽しみに。。

2009年12月1日(火)

30秒ストレッチ“腰がラクになる”

さて、今日は腰痛さんへの朗報コラム!

「背骨と骨盤は整っていた方が美人になれる? キレイになれる?」

キレイは色々なキレイがありますが、これはある意味YESです。

まず、背骨が歪んでいると、脳からの信号がうまく伝わらず、ホルモンバランスが崩れます。
なので、生理不順になりやすかったりします。

骨盤が正しい位置にないと、腹圧が不足し、押し出す力が弱るので
生理痛になったりもします。

もちろん、原因はこれだけではありませんが、腰痛も小さなズレからきているかも
しれません。背骨と骨盤は、密接な関係にあるのです。

たとえば、世でいう美人も“目が大きい” “顔が小さい”というのが美人とは限りません。
肩こり、腰痛、生理痛etc痛みのないカラダ、シンメトリーなカラダバランス、
太っているか痩せているかではない女性らしいボディ、
こういうところも含め、内面、外見ともに気をつけたいところです。

姿勢美人を目指すみなさま、土台をしっかりつくり、まずは痛み知らずの
健康なボディを心がけましょう。

☆本日のレッスン☆は・・・背骨を整え、骨盤の調整。

1.身体を整え、右の膝を引き寄せ 10秒

 

2.足を変えて、左の脚を引き寄せ 10秒

 

3.最後に両方の脚を引き寄せ 10秒

 

リラックスしながら背骨を整え、前や後ろに傾きやすい骨盤を元に戻しましょう。
骨盤の位置も整い、腰もストレッチされるので、ラクになりますよ。

“腰がラクになる1分ストレッチ”是非、お試しください。

次回もお楽しみに。。