2009年3月の記事一覧

2009年3月30日(月)

世界でひとつの帯

「わたし好みの口福のギフト100味選」(扶桑社)が、

5月7日に発売になるわたしの本のタイトル。

その出版のお祝いにと、憧れのマダムからプレゼントされたのが、

「口福の帯」です。

img_1206

エルメスの「スパイス」というスカーフ2枚とそれにあわせた色で塩瀬を染めて

名古屋帯に仕立ててくださったという、なんとも気の利いたスペシャルな帯に感激!

img_1207

口福にちなんで、「スパイス」のスカーフというのが、なんとも心憎い。

「夏子さん、ありがとうございました」。

5月12日の出版記念パーティ「柿傳ギャラリーにて」には、白大島にこの帯をしめます!!

うれしい、記念になるプレゼントでした。


「啓子桂子」

裏地桂子

2009年3月21日(土)

秦泉寺由子(じんぜんじよしこ)さん

国際的に活動するキルト作家、染織家。

彼女の白い布が大好きで、笑顔の秦泉寺さんの大フアンです。

バリと京都に工房を構え、バリの青竹で白い布に白を染める独特の手法でおりなす白の世界。

最近では、墨染め、泥染め(インドネシアの泥)なども試み、

きものや帯、小物も制作。

ぜひ、じっさいに手にふれて、彼女の白の世界を垣間見てください。

「天と地を結んで」という展示会、3月27(金)~4月2(木)11:00~18:30開催

シルクラブ・中野山田屋(中野区沼袋2-30-4・電話03-3389-4301)

img_1204

「啓子桂子」

裏地桂子

2009年3月19日(木)

RIJ(国際難民支援会)

昨日、ウエスティンホテル東京・楓の間で、

「食卓の芸術チャリティー展示会」が開催されました。

RIJ(国際難民支援会)は、非営利のボランティア団体で、

今回は、21の食卓(テーブルコーディネート)が、発表されていました。

そのうちのひとつを

いつもはつらつとして元気をわけてくれる大好きな友人のロウ直美さん(ギャラリスト)が演出。

彼女は、京都の円山公園内に「eN arts」という現代アートのギャラリーのオーナー。

彼女の作品は、「願いをかけて」。

img_1196

赤間千穂さん制作のくつ、蝶などのアートワークがとても個性的で楽しい食卓です。

ロウ直美さんは、すべての人の願がかなえられるように、変身願望のあるアーティステックな靴で

テーブルを演出したそう。

平和な日本にくらすわたしたちができる、小さなことから、

なにかはじめませんか?

「啓子桂子」

裏地桂子

2009年3月18日(水)

お稽古再開

半年振りに、お茶のお稽古を再開。

katsura先生が用意くださった本日の上生菓子は、「桜」。

天現寺の「青草か」製。

img_1192

「啓子桂子」

裏地桂子

2009年3月16日(月)

食べおさめ

ふぐのから揚げ。

こんなに大きな、ふぐのから揚げは、はじめて!

六本木の「味満ん」で、SAMURAIマネージャーの佐藤悦子さんといただきました。

img_1190

ふたりで、「この冬のふぐ、食べおさめね~」と。

ごちそうさまでした!

「啓子桂子」

裏地桂子

2009年3月10日(火)

お肌にいい食べ物

といえば、スッポン。
スッポン鍋、いわゆる“まる鍋”です。
新宿中央東口にある「柿傳」で、いただきました。
こちらの「柿傳」のロゴは、川端康成さんの文字。

翌朝、つるつるの肌?になったような・・・。

「啓子桂子」

裏地桂子

2009年3月9日(月)

フレグランス

先日、JO MALONE(ジョー マローン)の新作発表会にいってきました。
6月5日(金)、伊勢丹新宿店本館2階ビューティアポセカリー内のジョー マローンにて、
数量限定発売の[コードーウッド コレクション]。
わたしは、ロンドン発のフレグランスブランド、
ジョー マローンのフレグランス、石鹸、フラグランスキャンドルが大のお気に入り。
今回は、そのジョーマローンが、古くから日本に伝わる香道を現代的に解釈して作られた2つの魅惑的な香り。
“ロータス ブロッサム&ウォーター リリー”、
“ダーク アンバー&ジンジャー リリー”。
おすすめです。

「啓子桂子」

裏地桂子