2011年1月の記事一覧

2011年1月31日(月)

金沢&富山の美食旅③:超美味絶品・塩焼き永見の寒ブリ!@海老亭別館

『満寿泉(ますいずみ)』の醸造元・桝田酒造の桝田氏より、紹介されたのが、

日本料理『海老亭別館』。広くてすっきりとした、掘りごたつ式のカウンター席です。

4人とも、みんな食いしん坊なので、食べて、飲んで、口福な時間のはじまり~♪♪

rimg0510rimg0514rimg0521rimg0523rimg0520rimg05241rimg0528rimg0526rimg05292rimg0532rimg0535

焼き白子のお椀、富山の牡丹エビ、活きヤリイカのお刺身などが、次々と・・・。

↓ なかでも、塩焼きのぶりの美味しかったこと。記憶に残る一皿です。

rimg0534rimg0536

寒ブリのしゃぶしゃぶは、めずらしい、かぶら仕立てで、いただきます。↑

〆は、炊きたてのごはんに、↓ 蟹みその甲羅焼きをたっぷりのせて。

rimg0541rimg0539

rimg0543rimg0545rimg0549rimg0551rimg0552

あわせた日本酒は、桝田氏セレクションによる『満寿泉』を右から順番に。↓

rimg0515

富山の新鮮な魚貝の日本料理を、美酒「満寿泉」とともに、心ゆくまで堪能しました。

ごちそうまでした。

 

[ 海老亭別館 ]

富山市桜木町9-21    電話076-432-3181

 

☆淡交社『なごみ』2011年1月号より、連載コラム“ハッピー和こもの”執筆中!

♪新刊『お家ごはんが美味しくなる口福の調味料100味選』(扶桑社)♪

講演、執筆、コンサルティングなど、お仕事のお問い合わせ・ご依頼

こちらから

2011年1月30日(日)

金沢&富山の美食旅②:富山の美酒『満寿泉』@桝田酒造

今回の旅の目的のひとつは、美味しい日本酒「満寿泉」

醸造元、『桝田酒造』の酒蔵訪問です。

ちょうど仕込の時期。代表取締役桝田隆一郎氏の案内で、酒造りを見学。

rimg04851rimg0505rimg0506rimg0507rimg0496rimg0493

ダンディな桝田氏↓    美しく荘厳な桝田酒造の“日本酒のセラー”は、圧巻。↓

rimg04921rimg04952rimg04971rimg04831

完璧な防寒ファッションで訪れました。左合ひとみさんと記念写真 ↑

rimg0490rimg05001rimg0489rimg0503rimg0501rimg0488

桝田氏は、岩瀬町づくり(株)を設立し、景観の再生、作家の招致などにも貢献。

ガラス作家の安田泰三さんや木彫刻師の岩崎努さんの工房とギャラリーなども、

いろいろとご案内くださいました。桝田さん、ありがとうございました。

心残りは、1日1組限定の『カーヴ・ユノキ』で食事できなかったこと。次回の楽しみに!

 

[ 桝田酒造 ]

富山県富山市東岩瀬269   電話076-437-9916

 

☆淡交社『なごみ』2011年1月号より、連載コラム“ハッピー和こもの”執筆中!

♪新刊『お家ごはんが美味しくなる口福の調味料100味選』(扶桑社)♪

講演、執筆、コンサルティングなど、お仕事のお問い合わせ・ご依頼

こちらから

2011年1月29日(土)

金沢&富山の美食旅①:スタートは、『小松弥助』のお寿司!

金沢&富山の美食旅のスタートは、12:00に、金沢市内の『小松弥助』に現地集合。

その前に、サクッと、金沢21世紀美術館で展覧会を鑑賞してから、向かいます。

さて、『小松弥助』のお寿司は、昨年11月、同窓会女子旅で食べて以来。

1か月以上前に予約をいれたのですが、カウンター席は満席のため、

4人でテーブル席にて。旅の道連れは、完全紹介制『幻燈士なかだ』の中田さん、

グラフィックデザイナーの左合ひとみさん、金沢在住の丹羽麻里さん

テーブル席のため、お寿司が盛り合わせになって登場です。

rimg04611rimg04621rimg0468rimg0471rimg0478rimg0479

rimg04631rimg04662rimg0473rimg04771

大好きなネギとろ巻を〆の追加でオーダー。2本、食べちゃいました。↑美味!

rimg04801

そして、次の目的地、富山には、金沢から電車で、むかいました。窓の外は雪景色。

 

[ 小松弥助 ]

石川県金沢市池田町二番丁21-1アパホテル1F

076-261-6809

11:30~17:00(要予約)   水・木休

 

☆淡交社『なごみ』2011年1月号より、連載コラム“ハッピー和こもの”執筆中!

♪新刊『お家ごはんが美味しくなる口福の調味料100味選』(扶桑社)♪

講演、執筆、コンサルティングなど、お仕事のお問い合わせ・ご依頼

こちらから

2011年1月28日(金)

金沢&富山の美食旅(準備編):防寒対策ファッション!

今年は大量の寒ブリですが、本場の氷見の寒ブリを食べに行くことに。

となると、富山だけでなく金沢にも立ち寄ろうっと!天気予報では、雪、雪、雪・・・・。

と~っても寒そうなので、ファッションも防寒対策が必要。

腰が冷えるので、↓MONCLERのロングダウン(モコモコしていないからスッキリ見える)

rimg03932rimg03973rimg04132rimg03882

VivienneWestwoodの耳あて↑  ColeHaan(×ナイキエア)のロングブーツ↑ は、

革×折り返しがスェードですが、ウォータープルーフなので、雪国でも万全!

もちろん手袋は、お気に入りのファーつき、革のロンググローブ

いざ、出発です!

 

☆淡交社『なごみ』2011年1月号より、連載コラム“ハッピー和こもの”執筆中!

♪新刊『お家ごはんが美味しくなる口福の調味料100味選』(扶桑社)♪

講演、執筆、コンサルティングなど、お仕事のお問い合わせ・ご依頼

こちらから

2011年1月27日(木)

天ぷらランチ@『てんぷら 山の上 Roppongi』

かれこれ30年近く、仲良くしている、大学時代からの仲間がいます。

みんなの予定をあわせるのは、なかなか大変なのでその都度、都合の合う人が集合。

本日は、kazukomikiとわたしの3人で、ミッドタウンにある「山の上」で天ぷらランチ。

は~、おしゃべりに夢中になり、天ぷらの主役、えびの写真を撮り忘れました。

rimg0349-2rimg0350rimg0351-2rimg0352-2rimg0354-2rimg03551rimg0357rimg03582rimg0359-21rimg0361-22rimg03621rimg03664

↓ やっぱり、〆は天茶!です。おいしいわ~!

rimg0365-2rimg03732

食後は、銀座にむかい、『グッチカフェ』で夕暮まで、おしゃべりを存分に楽しみました。↑

 

[ てんぷら 山の上 Roppongi ]

 

☆淡交社『なごみ』2011年1月号より、連載コラム“ハッピー和こもの”執筆中!

♪新刊『お家ごはんが美味しくなる口福の調味料100味選』(扶桑社)♪

講演、執筆、コンサルティングなど、お仕事のお問い合わせ・ご依頼

こちらから

2011年1月26日(水)

乙女(?)会の新年会@渋谷『炭火焼 牛・ホルモン ゆうじ』

白木あきこ嬢森川さゆり嬢mikaちゃん八巻多鶴子嬢、わたしのホルモンヌの

乙女(?)会。新年会は、超人気店、渋谷の「炭火焼 牛・ホルモン ゆうじ」にて。

前回の経験をもとに煙モウモウ対策のため、超カジュアルファッションで19:00に集合。

荷物はひとりずつ、しっかりゴミ袋(持参)にいれて、臭いがつかないように防御。

お初なものも、たくさん出していただき、食べる、食べる・・・・。満腹です!

rimg03491rimg03511rimg03521rimg03541rimg0355rimg03603

rimg03581rimg03663rimg0370rimg03761

rimg03653rimg03682rimg03723rimg03744rimg03791rimg0382

〆は、冷麺。デザートはアイスクリーム&洋梨。ごちそうさまでした~!

 

[ 炭火焼 牛・ホルモン ゆうじ ]

渋谷区宇田川街11-1 松沼ビル  電話03-3463-6448

19:0~24:00 日・祝休み

 

☆淡交社『なごみ』2011年1月号より、連載コラム“ハッピー和こもの”執筆中!

♪新刊『お家ごはんが美味しくなる口福の調味料100味選』(扶桑社)♪

講演・執筆・コンサルテイングなどのご依頼は、こちらから

2011年1月25日(火)

銀座『壬生(みぶ)』(完全会員制)の2011年睦月の料理!

今年から、『壬生』のお月謝は、3万円。きゃ~、しっかり学ばねばです。

さて、2011年、1月のお題は『感謝』。いつもながら、しつらえも勉強に。

スタートは、なんとカレー。海軍では、毎週金曜日がカレーを食べる日だったそう。

海上での時間感覚を促す意味でも、決まりごとだったようです。

rimg0394

rimg03842rimg0385rimg03861rimg03921rimg03931rimg03891rimg0404rimg0405rimg0406rimg0418rimg0422rimg0427

rimg03991rimg0400

そのカレーの味わいを消すのが、“薔薇水の氷”。銀の皿にはられた薄氷↑ をわって、

口に含み、カレーの後味を消す趣向には、あっぱれ!爽やかな口になり、次のお椀へ。

rimg0408rimg0411

昆布〆のヒラメ、鮪のお造りには、すばらしい根付きの笹がそえられていました。↑

rimg0413rimg0417

rimg0421rimg04231

rimg0424rimg0426rimg0429rimg05971

今月も、五感で堪能いたしました。ごちそうさまでした。

 

☆淡交社『なごみ』2011年1月号より、連載コラム“ハッピー和こもの”執筆中!

♪新刊『お家ごはんが美味しくなる口福の調味料100味選』(扶桑社)♪

講演、執筆、コンサルティングなど、お仕事のお問い合わせ・ご依頼

こちらから