2011年7月の記事一覧

2011年7月31日(日)

ゾウ、ぞう、象・・・・が約90頭。『ピンナワラのゾウの孤児園』@キャンディ郊外

聖地キャンディの西30kmほどの町の郊外にあるのが、

『ピンナワラのゾウの孤児園』。

ジャングルで親を亡くしたり、はぐれてしまった子ゾウなど、90頭近くを

保護している施設。ゾウだけが、たくさんいる風景は、圧巻・・・・。

大きなゾウにさわったりできて、なんだか不思議な体験でした。

rimg0212rimg0211rimg0214

rimg0216rimg0217rimg0226

rimg0224

1日2回、乳児以外のすべてのゾウが集められておこなう、ゾウの水浴び。

 

取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから

 

2011年7月31日(日)

世界遺産:その③『聖地キャンディ』のホテルとアーユルヴェーダ@スリランカ

1988年に、登録された『聖地キャンディ』をふくめ、

今回、訪れたスリランカの世界遺産は

パワースポットだと感じた『シーギリヤ・ロック』と、『ダンブッラ石窟寺院』の3か所。

『聖地キャンディ』には、『仏歯寺』があります。

宿は、キャンディ郊外、マハウェリ河近くに建つ、『アールズ・リージェンシー』でした。

rimg0180rimg0181rimg0183rimg0182

正直、キャンディには、あまり魅力を感じなかったのですが、

ローカルなサロンで、アーユルヴェーダの施術をうけたら、これがグッド!!

rimg0185rimg0191rimg0190rimg0188rimg0192

“シーロダーラ”は、額に油を少しずつたらす施術。

これで、一気に元気になったような気がします。

 

取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから

 

2011年7月30日(土)

世界遺産:その②『ダンブッラ石窟寺院』@スリランカ

1991年に登録された世界遺産である、『ダンブッラ石窟寺院』は、

自然の洞窟を利用し、シンハラ王朝が建造・修復したもの。

小高い丘にある石窟は、第一窟から、第5窟まで、古い順に並んでいます。

rimg0065rimg00422

最古の石窟といわれる、第一窟“テーワ・ラージャ・ヴィハーラ”は、圧巻。

名前の意味は、神々の王の寺。2100年前に造られたもので、

壁と同じ自然石に掘られた、約14mの涅槃仏が横たわっています。

rimg00555rimg00483rimg00521

rimg00571

第三窟「偉大な新しい寺」の坐像。合計57体の仏像が・・・・。

第四窟、第五窟(1915年に造られた)は、新しく感じてしまうほど。

 

取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから

2011年7月29日(金)

パワースポット!世界遺産その①『シーギリヤ・ロック』@スリランカ

旅の目的のひとつ、スリランカの世界遺産を訪れること。

史跡や自然保護地区が8つありますが、今回は、そのうちの3つを巡りました。

古代都市シーギリヤは、1982年に世界遺産に登録。

ここ、『シーギリヤ・ロック』は、ジャングルの中にそびえたつ高さ195mの巨大な岩。

徒歩で40分くらい岩山を登ります。とてもいい“気”をもらいました。

rimg0120rimg0122

↓ミラーウォール。 5世紀に描かれたといわれる美女(シーギリヤレディ)のフレスコ画↓

rimg0129rimg0135

↓ 巨大なライオンの詰めの形をした、宮殿への入口。

rimg0164rimg0152

頂上の王宮跡にて、川邊りえこ嬢と。けっこう、ハードでした。↑

rimg0155rimg01531

↑ 王のプール。       ロックの下に広がる水の広場。↑

ここ、『シーギリヤ・ロック』は、機会があれば、ぜひ、一度は登ってほしい、

パワースポットであり、見どころ満載の世界遺産。

 

取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから

2011年7月28日(木)

パワースポット:建築家ジェフリー・バワ:その②ホテル『ヘリタンス・カンダラマ』@スリランカ

ジェフリー・バワの建築のホテル『ヘリタンス・カンダラマ』は、

いつかは泊まってみたいと思っていた、森の中の緑に埋もれる、憧れのホテル。

感動!のひとこと。ものすごく好みのホテルでした。

ホテルの全長は968m。自然との共存を図りながらもシンプルでスタイリッシュ。

rimg0098

本でみた以上の迫力。1994年の竣工から、木々もいい感じに育っています。

rimg0099rimg00243

rimg00114rimg00121rimg00333rimg0109rimg00204rimg00312

カンダラマ湖と一体に見えるプールは気持ちよかった!

部屋のインテリアもシンプルで骨太。

バスルームも、森の中にオープンに開かれたデザインで、さわやか!

食事もおいしかったし、また、いつか、滞在したいホテルでした。

 

[ ヘリタンス・カンダラマ

 

取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから

2011年7月27日(水)

建築家ジェフリー・バワ:その①『ベントタ・ビーチ・ホテル』@スリランカ

深夜、コロンボ空港から、むかったのは、コロンボの南に位置する、ベントタ。

スリランカを代表するビーチリゾートです。

憧れのジェフリーバワの初期の代表的建築の『ベントタ・ビーチ・ホテル』に滞在。

rimg00153rimg00554rimg00142rimg00036

食事もおいしく、プールサイドでのんびりと過ごしました。

 

[ ベントタ・ビーチ・ホテル

 

取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから

 

2011年7月26日(火)

羽田国際空港~香港でトランジット~コロンボ空港~ホテル到着まで、24時間の長旅。

スリランカでは、世界遺産と建築家ジェフリー・バワのホテルに滞在が楽しみ。

行きは、みなさまより一足早く、川邊りえこ嬢とKATSUEマダムと

キャセイパシフィックで、羽田空港から、香港経由で、コロンボへ。

帰りは、コロンボ~香港。香港で夫と合流し、プチ夏休み。香港~羽田。

羽田国際空港、はじめて利用しました。ラウンジで、朝シャンパン!↓

rimg00141rimg00203

羽田~香港のフライトは、フルフラットシートになり、快適!機内食の一部↓

rimg00223rimg0027rimg0042rimg00442

香港でトランジット。乗り継ぎまで6時間半は、きれいなラウンジでのんびり ↑

ペニンシュラが監修しているので、西瓜ジュースやアペリティフはおいしい。

&ひろ~い香港の空港内でショッピング。ゲットしたのは、靴とサングラス↓

rimg0002arimg00034

rimg00482rimg00531

香港~バンコク(給油)~コロンボは、約7時間。

直行便だと、成田~コロンボが9時間のところ、

なんと乗り継ぎもふくめ、羽田を10:35に出発してから、コロンボに到着し、

ジェフリー・バワ設計の“ベントタ・ビーチホテル”にたどりついたのは、

ようやく、現地時間の朝4:00(コロンボ空港から、タクシーで2時間)でした。

 

取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから