2012年1月の記事一覧

2012年1月31日(火)

パリ滞在⑩チーム『IWATA』+チーム『Diony』での食事会@『LES FOUS DE L’ILE』

カジュアルな人気ビストロの『LES  FOUS  DE  L’ILE』へも行きました。

チーム『IWATA』の面々と、ちょうど、同じ時期にパリにいらしていた、

『Diony』の前田社長(赤いセーター着用)らと、11人で、ワインと食事を堪能。

rimg00790rimg00750rimg00760rimg00770rimg00820rimg00840rimg00850rimg00880rimg00860rimg00870rimg00900rimg00950rimg01030

地元の方々に愛されている、楽しいビストロでした。

 

LES FOUS DE L’ILE

 

😆 掲載誌情報は、随時更新中! 🙄

裏地桂子への取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼こちらから

2012年1月30日(月)

パリ滞在⑨美食のパリ[Adrienne]~深夜のパリマダム会

パリ在住の翻訳家松本百合子さん(WA-BIサロン主宰)と食事。

いつお逢いしても、本当に知的美人でかっこいい、おしゃれなマダム!

「野菜を食べたい!」とのリクエストに、『Adrienne』(☎01 42 60 15 78)の

若き日本人シェフの田熊一衛(たぐま いちえい)氏 (写真↓中央)が、応えてくれました。

rimg0082rimg0085rimg00894rimg00936rimg00862rimg00924rimg00941rimg00963

rimg00993

↑ 写真左から、百合子マダム、食後に合流した永末喜久子マダム(パリ出張中)

わたし、パリ在住の皮膚科医岩本麻奈先生と、マダム会に。

深夜おそくまで、おしゃべりに花が咲きました!

 

😆 掲載誌情報は、随時更新中! 🙄

裏地桂子への取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼こちらから

2012年1月29日(日)

パリ滞在⑧美術館めぐり(その3)『ルーヴル美術館』

パリ市内には、いくつかの美術館がありますが、

『ルーヴル美術館』、『オランジュリー美術館』、『オルセー美術館』

3館は、おさえておきたいところ。

『ルーヴル美術館』は、半地階から3階までの4フロア、延べ約6万㎡の巨大な館内。

展示作品だけでも2万5000点以上、所蔵作品は30万点以上というコレクション。

 

rimg00773rimg00752rimg00681rimg00733

『サモトラケのニケ』、『ミロのヴィーナス』、『モナリザ』は、ルーブルの三大貴婦人。

なかでも、『サモトラケのニケ』(写真右上)の雄大な大理石像は、圧巻。

今回も、日本語オーディオガイドを借りましたが、とにかく広いので、

事前に、観たい作品をきちんと決めておいて、見学コースを組み立てて

効率よく回ることがおすすめ。

ひとりで、さくさくっと観たつもりでも、3時間近くはかかりました。

 

Musee  du  Louvre

 

😆 掲載誌情報は、随時更新中! 🙄

裏地桂子への取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼こちらから

2012年1月28日(土)

パリ滞在⑦美術館めぐり(その1,その2)@『オランジュリー美術館』、『オルセー美術館』

昨夜、無事に帰国しましたが、パリ滞在ブログは、続きます・・・。

パリでは、美術館めぐりも楽しみのひとつ。

モネの“睡蓮”が大好きで、10年前にはジヴェルニーまで、出掛けたほど。

それゆえ、『オランジュリー美術館』が、大好きなのですが、

改装してからは、訪れていなかったので、今回のパリでの楽しみのひとつでした。

↓ 温室を改装したという、『オランジュリー美術館』。

rimg0005

最初に『オランジュリー美術館』へ。とにかく、8枚の“睡蓮”の大作は圧巻。

ただただ、ぼ~っと、2時間ほど、睡蓮を眺めていると、心が落ち着きました。

日本語のイヤホンガイドをかりて、じっくり鑑賞するのがおすすめ。

オランジュリー美術館とオルセー美術館との共通券を購入したから、

長蛇の列を後目に、オルセーには、ほとんど待たずに入館できました。

rimg0034rimg00402

名画から、パワーをもらった、ひとときでした。

 

😆 掲載誌情報は、随時更新中! 🙄

裏地桂子への取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼こちらから

2012年1月27日(金)

パリ滞在⑥生牡蠣を堪能!(その2)@『Le Dome Montparnasse』

この時期、パリで食べたいのは、やはり生牡蠣。

牡蠣好きとしては、食べないわけにはいかない!

ということで、滞在中、2軒のレストランで生牡蠣を食べたのでした。

↓ 『Le Dome  Montparnasse』 にて。 舌平目のムニエルもとってもおいしかった!

rimg00633rimg00640rimg006501rimg006602

 

[ Le  Dome  Montparunasse  ]

108, boulevard du Montparnasse 75014 Paris
TEL:01 43 35 25 81
無休

 

裏地桂子への取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼こちらから

2012年1月27日(金)

パリ滞在⑤生牡蠣を食べる!(その1)@『Le Bar a Huitres』

「パリでは、生牡蠣だよね!」と、

チーム『IWATA』で向かったのは、ホテル近くの『Le Bar a Huitres』へ。

こちら、パリ市内に数軒お店がある、人気店。

もちろん、がっつり牡蠣、牡蠣、牡蠣・・・・・・から、始めます。

rimg01212rimg01231rimg01251rimg01243

生牡蠣をはじめ、ウニ、イカ、いろいろといただきました。

もちろん、シャンパン、ワインとともに・・・・・・。

あ~、満足!ごちそうさま。

 

[ Le  Bar a Huitres

33.rue  Saint-Jacgues

☎ 01  44  07  27  37

 

裏地桂子への取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼、こちらから

2012年1月26日(木)

パリ滞在④祝!メゾン・エ・オブジェ初出展@『IWATA(イワタ)』

今回のパリ出張は、『IWATA』のメゾンエオブジェ初出展!のため。

『IWATA』では、ブランディングやマーケティングのアドバイザーを

ブランドリニューアルにともない、約3年、務めております。

その間に、直営店の『寝具御誂専門店IWATA京都本店、銀座店も、オープンし、

そして、今回の“メゾン・エ・オブジェ”(1月20日~24日)初出展。

岩田社長、おめでとうございます!初出展ながら、受注もあり、とっても、うれしい!!

品質とデザインが、評価され、大きな手応えを感じた出展でした。

『ル・ボン・マルシェ』に、いつか『IWATA』の商品が並ぶといいな・・・と、夢見ています。

rimg01032rimg0065arimg01023rimg01131

ブースは、ホール2のG49。チーム『IWATA』は、

通訳の後列右・米田(こめだ)さんと、前列左の大澤さんをふくめ、7人。

rimg00411

rimg01141

rimg01152

撤去したあとの、最終日24日22:00すぎのブースにて、チーム『IWATA』の面々。

みなさま、本当にお疲れさまでした。

 

[ 寝具御誂専門店 IWATA ]

京都本店    京都市中京区堺町通三条上ル  075-241-2332

11:00~19:00  (毎週水・木、定休)


 

裏地桂子への取材、執筆、講演、コンサルティングなど、

お仕事のお問い合わせ・ご依頼こちらから